ケンサキイカの産卵行動

(11.4MB, 00:00:27)
撮影日:2002/08/11
撮影場所:螻い涼翔山ね寮限峅奮愆 マリンワールド海の中道


和田年史
(Toshifumi Wada)
2018/06/12登録

種類:ケンサキイカ, Uroteuthis (Photololigo) edulis
キーワード:ケンサキイカ 産卵 繁殖ペア 卵塊 卵嚢


動物界 >軟体動物門 >頭足綱 >ツツイカ目 >ヤリイカ科 >ケンサキイカ属 >


ケンサキイカの雌は遊泳しながら漏斗を通して腕の中に卵嚢(卵のカプセル)を運ぶ。その後、腕の中に取り込んだ卵嚢を海底の砂地に産み付ける(繁殖ペアである雄は雌と並んで遊泳する)。雌はこの行動を繰り返し、一連の産卵行動で数十本の卵嚢を産出する(一本の卵嚢には数百個の卵粒が含まれる)。複数の雌が同じ場所に卵嚢を産み付け、大きな卵塊を形成する。

(データ番号:momo180609ux01b)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。


>>English