ゲンジボタルの産卵その2-人工物への産卵

(76.5MB, 00:09:10)
撮影日:2016/06/19
撮影場所:福岡県糟屋郡久山町


今泉 晃
(AKIRA IMAIZUMI)
2016/12/09登録

種類:ゲンジボタル, Luciola cruciata
キーワード:ゲンジボタル 人工物への産卵


動物界 >不明 >不明 >不明 >不明 >不明 >

もしくは

動物界 >節足動物門 >昆虫綱 >鞘翅目 >ホタル科 >ホタル属 >


撮影時刻;2016年6月19日 0:15 〜 0:30
天候;曇り。気温24°Cくらい
産み付け対象;川の氾濫時に剥き出しになった木の根に巻き付いた古布
動画時間;9分9秒

撮影環境は、ムカシトンボが生息する上流域で、川に突き出た木の根に巻き付いた古布の上に僅かではあるが苔が生えているような状態であった。産卵は古布に取り付いた雌が、産卵管を古布に差し込み布の裏側に産み付けていた。撮影は初期は赤色灯にて照明し、慣れてきたと思われる頃から白色灯に切り替えて行った。撮影開始から約15分後に照明を嫌ってか木の根伝いに暗い方へ移動していった。
餌のカワニナ(Semisulcospira libertina )は、この木の根の直下の渓流に多く生息しており、成熟雌から産み落とされて間のない小型の稚貝(1-2mm)も渓流から突き出た岩の喫水線部分に集合しているのが見られた。
(*)自然界での行動の記録報告を目的として、動画の再生時間は9分余と長いまま掲載してます。

(データ番号:momo161205lc02b)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。


>>English


コメント(全0件、新しいコメントが上に来ます)



書き込みを行なうときは最初にログインを行ないます(会員登録が必要です)

ユーザー名:
パスワード: