*水槽内におけるカマツカの産卵行動

(5.8MB, 00:00:24)
撮影日:2005/05/01
撮影場所:九州大学水産実験所


中島 淳
(Jun NAKAJIMA)
2015/01/29登録

種類:カマツカ, Pseudogobio esocinus
キーワード:カマツカ亜科 淡水魚 ばら撒き産卵


動物界 >脊索動物門 >硬骨魚綱 >コイ目 >コイ科 >カマツカ属 >


コイ科魚類カマツカの水槽内における産卵行動です。カマツカは福岡県那珂川水系産のものを用いました。複数回の観察の結果、本種の産卵行動は以下の4つのフェイズに区別できることがわかりました。

Phase1,オスは口先をメスの胴部や頭部にこすり付けます。
Phase2,オスは泳いでいるメスを追いかけます。
Phase3,泳ぎながらペアで体を震わせます。
Phase4,水面付近で放卵・放精します。

Nakajima, J., Onikura, N.(2016)Spawning behaviour and male mating success of Pike Gudgeon, Pseudogobio esocinus (Cypriniformes, Cyprinidae), in an experimental tank. Ichthyological Research, 63: 39-45. (DOI 10.1007/s10228-015-0470-y)
Link ->>> https://link.springer.com/article/10.1007/s10228-015-0470-y

(データ番号:momo150129pe01b)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。


>>English