イワサキセダカヘビによるカタツムリ(右巻き)への捕食成功

(1.9MB, 00:00:19)
撮影日:2006/02/16
撮影場所:京都大学


細 将貴
(Masaki Hoso)
2007/02/17登録

種類:イワサキセダカヘビ, Pareas iwasakii
キーワード:食べる ヘビ カタツムリ 左右性 利き手


動物界 >脊索動物門 >爬虫綱 >有鱗目 >ヘビ科 >不明 >


ヘビには,ほとんどカタツムリしか食べないという変わったグループが知られています。ヘビの顎には,殻を噛み砕くような力はありませんし,殻ごと飲み込むような大きさもありません。では,どうやって食べるのでしょう。
このヘビは,匂いを頼りに後ろからカタツムリに接近し,尾の根元にかみつきます。カタツムリはかみつかれたまま殻の中に引っ込みますが、ヘビは殻の中に引き込ませた下顎を左右交互に動かすことで、殻の中身を引き出して食べてしまうのです。

(データ番号:momo070216pi02b)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。


>>English


コメント(全0件、新しいコメントが上に来ます)



書き込みを行なうときは最初にログインを行ないます(会員登録が必要です)

ユーザー名:
パスワード: