*リュウキュウクロコガネの配偶定位実験(3)

(18.3MB)
撮影日:2002/05/26
撮影場所:沖縄県 宮古島 西平安名崎


深谷 緑
(FUKAYA, Midori)
2006/11/17登録

種類:リュウキュウクロコガネ, Holotrichia loochooana loochooana
キーワード:視覚 におい 性フェロモン 飛翔定位 配偶定位


動物界 >節足動物門 >昆虫綱 >鞘翅目 >コガネムシ科 >クロコガネ属 >


(2)に続きます。

(3) フェロモンを塗布した白球と無処理の黒綿球の距離を20cmにした場合、オスは風下から飛来し黒綿球、白綿球の前をホバリングするものの、着地は容易に起きない。

視覚定位への切り替えは着地目標のごく近く(20cm以内)で起きることを示唆している。

FUKAYA, Midori, Sadao WAKAMURA, Norio ARAKAKI, Hiroe YASUI, Tetsuya YASUDA and Toshiharu AKINO (2006) Visual 'Pinpoint' Location Associated with Pheromonal Cue in Males of the Black Chafer Holotrichia loochooana loochooana (Coleoptera: Scarabaeidae). Appl. Entotmol. Zool. 41, 99-104.

(データ番号:momo040305hl03a)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。


>>English