よくある質問

目次

デジタル変換・編集に関するFAQ

映像ファイルの登録に関するFAQ

利用・閲覧に関するFAQ


Q:「アナログ映像をデジタル変換したいのですが」

A:「多くの貴重な映像がHi8やVHSといったアナログビデオの形で存在しているはずです。これらをコンピュータで読みこむにはデジタル変換しなくてはなりません。が、これは決して難しい作業ではありません。最近のデジタルビデオカメラにはほとんどD/A変換機能がついており、驚くほど簡単に貴重な映像をデジタル化できます。

アナログビデオの出力をデジタルビデオカメラの入力端子に接続し、デジタルビデオカメラの出力端子をコンピューターに接続する、たったこれだけです。接続の方法はお手持ちのデジタルビデオカメラの説明書に従ってください。ソニーやキヤノンなどの機種の多くは、アナログビデオ出力をデジタルビデオカメラのステレオミニジャックの入出力端子に入力します。ピン→ステレオミニジャックの接続ケーブルが必要ですが、通常はデジタルビデオカメラに付属しています。デジタルビデオカメラをパソコンに接続すれば、データベースに登録したい映像を編集したり、動画ファイルとして保存したりすることができます。MacとWindowsを使った編集と変換方法を以下に説明します。

Macでの編集手順

<iMovie を使った読み込みと編集>
  1. iMovie を立ち上げ、新規プロジェクトを選びます。
  2. ビデオカメラをFireWireポートに接続します。ビデオカメラは再生モードにしておきます。
  3. iMovieを読みこみ状態にします:映像が写る画面の左下にある「モードスイッチ」を左側(カメラの絵が書いてある方)に切り替えます。この状態では、コンピューター側からカメラを操作できます。再生や早送りをして試してみてください。
  4. 再生したい部分を頭出ししたら「読み込み」ボタンを押して読み込みを開始します。再び「読み込み」ボタンを押すと終了します。読み込んだ映像は「クリップ」と呼ばれ、右側のスペースに置かれます。
  5. クリップをクリップビューア(横長のスペース)に置いて編集します(モードスイッチは編集側に切り替えておきます)。
  6. 「編集」→「ビデオクリップを再生ヘッドの位置で分割」や「編集」→「切り抜き」等を使って画像を適当に切っていわゆるカットを作り、それらをつなげて編集終了です。
<書き出し>
書き出しにはいくつかの圧縮方法(コーデック)を選択できますが、ここでは圧縮率が高く映像もきれいなMPEG4で圧縮する方法を紹介します。
  1. 「ファイル」→「ムービー書き出し」を選びます。ダイアログが出てきます。
  2. ここで「書き出し:」を「QuickTime 形式」、「形式:」を「詳しい設定」にします。そして「書き出し」ボタンを押します。
  3. するとさらに新しいダイアログが出てくるので、「ムービーからMPEG4」を選び、書き出しを行います。書き出す前に「オプション」ボタンで画像サイズを確認しておいた方がいいかもしれません。動物行動の映像データベースでは多くの画像が320×240ピクセルになっていますが、これだとやや小さいと思われる方は640×480ピクセルを選ばれるとよいでしょう。もちろんその分だけファイルサイズは大きくなります。

Windowsでの編集手順

iMovie の代わりに、パソコンあるいはデジタルビデオカメラに付属の編集ソフトを使ってください。ビクターやソニーのビデオカメラには編集ソフトが標準で付属しています。これらのソフトは、編集した映像を動画ファイルとして保存できます。動画ファイルの形式としてMPEG1を選択して保存すれば、データベースに登録できるファイルになります。

ムービーメーカー(WindowsXPに付属のソフト)で作成する場合、ムービーはWMV形式というファイル形式になりますので、そのままではデータベースへの登録はできません。QuickTime形式かMPEG形式(圧縮形式はMPEG1またはMPEG4)に変換する必要があります。これは難しい作業ではありません。例えば、フリーソフトのTMPGEnc (http://www.tmpgenc.net/ja/j_main.html) を使うと簡単にMPEG1に変換できます。他にもあると思います。探して見て下さい。」

Q:「アナログ素材は持っていますが、デジタル機材を持っていません」

A:「アナログ映像をデジタル変換するうえで、デジタルビデオカメラやパソコンといったデジタル機材はどうしても必要です。もしこのような機材をお持ちでない場合は、例えば地方自治体が運営する視聴覚教育センターなどで必要な機材を借りられるかもしれません。近年は学校教育でもAV教材を活用する場面が増えており、教育委員会などがこのような教材開発をサポートする体制を整えているところが多いようです。お住まいの市町村役場などでお尋ねになってみてください。」

Q:「Windows機でQuickTimeファイル(.mov形式)を作る簡単な方法は?」

A:「一例として「Xilisoft Video Converter 動画変換」というソフトを使う方法をご紹介します。このソフトはDVD、VCD、DV、AVI、MPEG、DivX、MOV、RM、WMV、ASF、MP4、3GP、3G2、VOB、MPEG2、MPEG4ファイルをAAC、ASF、AVI、3GP、3G2、MPEG、MP2、MP3、MOV、WMV、MP4、OGG、VOBファイルに変換できます。

まず「Xilisoft Video Converter」をダウンロードしてください(http://www.altech-ads.com/product/10001471.htm)。シェアウェアですが、体験版として利用が可能です。体験版の制限は、5分以上の映像を変換できないこと、ビットレートなどの変更が制限されていることです。

このソフトをインストールして起動してください。変換したい映像ファイルをドラッグし、起動した「Xilisoft VideoConverter」の左上(デフォルトでは There are no item to show in this view と表示されています)の空欄にドロップしてください。左上にドロップしたファイル名が表示され、横のチェックが入っていることを確認したら、次にそのファイルをアクティブ(一回ファイルをクリックし、青くしてください)にします。右隣の各種設定項目の文字が黒くなり、変更可能になります。右隣の設定項目でいじるところは、「ビデオ」欄の 「video size」です。ここを352×240(または640*480も可)にしてください。次に左側一番下の「プロフィール」欄と「保存場所」欄を設定します。まずプロフィール欄を開き、数あるformatの中から中段下辺りにある Quicktime format(*.mov) を選択してください。そして保存場所をお好きなところ(マイドキュメントなどどうでしょう?)に指定して、完了です。

中心部分にある「変換」ボタンを押すと、「登録」ウィンドウが現れますが、体験版として利用される方はキャンセルボタンを押してください。注意画面が出た後、変換が始まります。」

Q:「投稿する映像の形式や画像サイズ、容量などに何か制限はありますか?」

A:「映像の形式について:どのような形式の映像ファイルでも投稿、保管、配信可能ですが、一般的な動画ビューワーで見ることが可能であるほうがよいでしょう。そこでQuickTime形式(.mov)またはmpeg形式(.mpg)を推奨しています。QuickTimeについてはアップル社のこちらのページを参照してください。Windowsにも対応しています。

画像サイズについて:これもシステム上の制限はありませんが、320 x 240程度が妥当なサイズであると想定して画面デザインを行っています。

容量について:Web上からデータを登録する際の上限は100MBです。それ以上のサイズのファイルでも、CD-Rに焼いて郵送してもらうなどで登録することができます。しかし、現実にはそのような巨大なファイルはダウンロードに時間がかかりすぎてしまうでしょう。積極的にお勧めはしません。できるだけ、編集などを工夫して100MB以内に抑えて下さい。」

Q:「ムービーメーカー(WindowsXP の付属ソフト)で作成した動画を登録できますか?」

A:「ムービーメーカーで作成する場合、ムービーはWMV形式というファイル形式になりますので、そのままではデータベースへの登録はできません。QuickTime形式かMPEG形式(圧縮形式はMPEG1またはMPEG4)に変換する必要があります。これは難しい作業ではありません。例えば、フリーソフトのTMPGEnc (http://www.tmpgenc.net/j_main.html) を使うと簡単にMPEG1に変換できます。他にもあると思います。探してみて下さい。」

Q:「MPEG2やDivX圧縮は使えませんか?」

A:「無償配布版QuickTimeでは、MPEG2やDivXで圧縮(コーデック)されたファイルは再生できません(別にプラグインを入手すれば再生できますが)。ですから、今のところは避けて下さい。」

Q:「MPEG1とか4とか、AVIとかDivXとか、何がなんやら。」

A:「はい、まったくややこしくて困りますね。デジタル動画ファイルには、

と大きく2つの属性があり、それぞれに多数の方式、形式が存在します。しかも、圧縮方式とファイル形式を様々に組み合わせて使えるため、たとえば同じファイル形式でも圧縮方式が違うことがよくあるなど、話がいっそう複雑になっています。

実際に動画ファイルを作る場合には、記憶装置の容量、通信回線の速度、必要な画質、再生される環境などを考えて、圧縮方式とファイル形式を選ぶことになります。データベース登録ではファイル形式はQuickTime(拡張子 .mov)またはMPEG(拡張子 .mpg, .mp4)に限定してありますが、コーデックはQuickTime で見られるもの(Sorenson Video 3、MPEG4 など)なら、どれでも結構です。」

Q:「私は動物行動学の専門家ではないのですが、映像を投稿してもいいのですか?」

A:「もちろんです。歓迎いたします。もしかしたら大発見が含まれているかもしれませんよ。ただ、どんな状況でそれが撮影されたかをできるだけ詳しく書いて下さい。その行動の意味付けに関するあなたの「大胆な解釈」よりも、むしろ、ビデオに映っていない直前直後の状況や、周りの状況(同種他個体や捕食者などの他種個体の存在と行動、あなたを含む人間の存在などなど)の詳しい周辺情報をできるだけ書いてください。」

Q:「映像をダウンロードして授業で使用したいのですが、構いませんか?」

A:「はい、どうぞ自由に使って下さい。ただし、本データベースからの引用であること、登録者名(著作権者名)およびデータ番号を明示することをお忘れなく!! 例えば、プレゼンテーションソフトを使って映像を映す時、映像フレームの外に、Kuwamura, T. 2001. MOMO VideoArchives. momo011123ld01b のように入れていただければよいかと思います。当データベースの所蔵映像の著作権は映像の登録者にあります。ただし、非営利の教育や研究目的に限り無償利用を認めています。詳しくは利用規定を御覧下さい。」

Q:「映像を論文で引用したいのですが、どのように書けばいいですか」

A:「本データベースは個々の映像に固有の番号をつけてデータ管理を行なっています。このデータ番号は、映像を表示した際にページの右下方に示されます。

データ番号から目的の映像にアクセスする方法には、URLを直接指定する方法と、トップページから検索する方法の二つがあります。

前者は、日本語ページを指定する場合は http://www.momo-p.com/showdetail.php?movieid= 、英語ページを指定する場合は http://www.momo-p.com/showdetail-e.php?movieid= に続けてデータ番号を記述したものとなります。例えば、データ番号 momo010311ds01a の映像のURLは日本語の場合 http://www.momo-p.com/showdetail.php?movieid=momo010311ds01a 、英語の場合 http://www.momo-p.com/showdetail-e.php?movieid=momo010311ds01a となります。

後者は、キーワード検索の検索キーとして映像番号を入力する方法です。

このようなことから、引用の際にはデータ番号を付記しておく事が重要です。さらに、アクセス方法についての簡単な記載があると親切かもしれません。

引用の例1:

本文中での引用を、“Virgin worker of Diacamma sp. subs its gaster by hindlegs (Nakata 2001)” のように文献引用と同様に行い、レファレンスでは以下のようにデータベース名とデータ番号、URLを表記する。

Nakata K (2001) Calling behaviour by virgin Diacamma worker. Movie Archives of Animal Behavior Data No.: momo010311ds01a (http://www.momo-p.com/showdetail-e.php?movieid=momo010311ds01a)

引用の例2:

本文中での引用は例1と同様に行い、レファレンスでは以下のようにデータベース名とデータ番号を表記する。

Nakata K (2001) Calling behaviour by virgin Diacamma worker. Movie Archives of Animal Behavior* Data No.: momo010311ds01a

このとき、データベース名にアステリスクをつけて次のような注釈を載せる。

* - The video is available on line. Visit the web site of Movie Archives of Animal Behavior (http://www.momo-p.com). Then, search and find them using Data No. as search key.

引用の例3:

本文中に次のように記載する。

「本行動の映像は、動物行動の映像データベースMovie Archives of Animal Behavior (http://www.momo-p.com)に登録され、公開されている。データ番号はmomo050323dn01である。上記webサイト上で、この番号をキーワードとして検索することで映像を見ることができる。また、本映像の直接のURLは現在、http://www.momo-p.com/showdetail.php?movieid=momo050323dn01となっている。」

Q:「映像の左横についているマークは何ですか?」

A:「その映像に関する学術論文が公表されていることを示しています。科学的な信頼性の目安として使ってください。私達はこれを「輝ける論文マーク」と呼んでいます。もちろん、このマークが付いていない映像にも、科学的に意義の高い映像はたくさん含まれています。」