分類群を選ぶ
せきつい動物(1029件)
ほにゅう類(367件)
サルの仲間(163件)
ウマの仲間(2件)
(358件)
はちゅう類(47件)
ヘビ(22件)
トカゲ(9件)
カメ(16件)
両生類(42件)
カエル(28件)
(188件)
サメ・エイ(3件)

節足動物(441件)
昆虫(286件)
チョウ・ガ(63件)
甲虫(46件)
アリ・ハチ(70件)
ハエの仲間(23件)
トンボ(22件)
クモ・ダニの仲間(85件)
ムカデ・ヤスデ(2件)
エビ・カニの仲間(59件)
その他の節足動物(9件)

軟体動物(62件)
二枚貝の仲間(14件)
巻貝・カサガイ(23件)
イカ・タコの仲間(16件)
カタツムリの仲間(9件)





行動の種類を選ぶ
食べる・食べられる
食べる(85件)
捕らえる(62件)
身を守る(31件)
逃げる(4件)

繁殖
育てる(2件)
つがう(76件)
誘う(53件)

社会
けんか(30件)
攻撃する(8件)
群れる(6件)

その他
成長(13件)
移動する(25件)
住む(19件)
排泄する(5件)
共生・寄生(27件)
運ぶ(4件)
そうじ(2件)
その他(60件)

キーワード検索

ヤリグモの交接行動

(18.0MB, 00:00:24)
撮影日:2019/05/17
撮影場所:茨城県つくば市


鈴木佑弥
(Yuya SUZUKI)
2019/06/27登録

種類:ヤリグモ, Rhomphaea sagana
キーワード: クモ 交接 頭部突起

オリジナル映像→


動物界 >節足動物門 >クモ綱 >クモ目 >ヒメグモ科 >ヤリグモ属 >

ヒメグモ科やサラグモ科の雄は頭部に複雑な溝や突起などの構造を備えるものが多く、交接行動との関連性が示唆されている。
ヤリグモはヒメグモ科イソウロウグモ亜科に属しており、雄成体は頭部にキノコ状突起を発達させる。野外において本種の交接行動を観察したところ、雌が交接時に雄の突起を咥えることが確認された。

Reference
鈴木佑弥・芹田凌平 2019. ヤリグモの雌は交接時に雄の頭部突起を咥える. Kishidaia, 115: 42-46.

(データ番号:momo190627rs01b)

映像の著作権は、登録者に属します。
映像の利用については利用規約を御覧下さい。

>>English